【宿泊レビュー】博多 東急REIホテルに宿泊!朝食やアメニティも紹介!

【宿泊レビュー】博多 東急REIホテルに宿泊!朝食やアメニティも紹介!

福岡県福岡市「JR博多駅」から徒歩3分のところにあるビジネスホテル「博多東急REIホテル」に宿泊した感想を書いていきます。

東急REIホテルとは

博多東急REIホテルの看板

東急グループが運営しているホテルブランドの一つである「東急REIホテル」は、旧「東急イン」と「ホテル東急ビズフォート」が併合して誕生しました。

「REI」は、

・Relax(ホテルでリラックスしていただくこと)

・Enjoy(ホテルでの滞在を楽しんでいただくこと)

・Impressive(印象深いサービスを経験していただくこと)

のイニシャルを取ったもので、日本人が重んじている礼節や麗しさの意味も込められているそうです。

ブランドコンセプトは“飾らない自然な居心地”

アクセス

・JR博多駅博多口から徒歩約3分

・福岡市営地下鉄 博多駅西6番出口から徒歩約1分

※駐車場 ・・・ 12台。24時間入庫可。料金 1,500円(税込)

筆者は福岡空港から市営地下鉄でJR博多駅まで移動後、徒歩でホテルまで向かいました。

福岡空港では2020年8月に国内線展望デッキがリニューアルオープンされていましたので、そちらの記事も投稿しています▼

◾︎福岡空港国内線の展望デッキがリニューアルオープン!絶景は必見!◾︎

チェックイン 〜

部屋

スタンダードダブル・部屋の様子

さっそくチェックイン!

チェックインは15:00からで、チェックアウトは10:00まで。

今回宿泊した部屋タイプは「スタンダードダブル」

ベッドの広さは160×195で、日本ベッドとの共同開発によるオリジナルマットレス「NAGOMI」は、体のラインのバランスをよく、支える弾力性と寝返りがしやすい硬さを合わせ持っているとのことで、実際に横になってみると、とても寝心地がよかったです。

テーブル周りの様子壁付のテレビベッドの照明




浴室

浴室の様子

続いて浴室へ。

筆者、これまで多くのホテルに宿泊してきましたが、ガラス張りの浴室は人生初。ガラス張りの浴室はなんとなくセレブなイメージがありテンションもUP。

トイレの様子
トイレの様子
洗面所の様子
洗面所の様子

アメニティ

アメニティには全て東急REIホテルの印字が
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはコーセー「スティーブン・ノル」。
シャンプー、リンス、ボディーソープはKOSE「スティーブン・ノル」

朝食

朝食
朝食のセットメニュー

朝食付きプラン、もしくは朝食料金1,300円を支払った場合、7:00〜10:00の時間に、ゲストラウンジにて朝食をいただくことができます。

※通常はビュッフェ形式ですが、この日は新型コロナウィスル感染症防止対策として、セットメニューになっていました。

チェックアウト 〜

チェックアウトは通常10:00までですが、チェックインの際、入会費・年会費無料のホテル会員「コンフォート・メンバーズ」に入会していたので、会員特典として正午12:00までのチェックアウト延長サービスを受けることができました。

(個人的な話ですが、ホテルの会員カードを集めるのが好きです。最近は利便性のため、会員カードを廃止し、スマートフォンのアプリなどで代替しているホテルも増えているため、少し残念です…。東急REIホテルはカードを発行していました。)



ゆっくり支度をし、ホテルを出発!

モダンでおしゃれな客室に、美味しい朝食、フロントの方のとても丁寧な接客等もあり、快適に過ごすことができました。

新規開拓が好きなので、一度利用したことのあるホテルは基本的に利用しないのですが、このホテルはぜひまた利用したいと思います。

【今回宿泊したホテル】

博多 東急REIホテル

〒812-0011

福岡県福岡市博多区博多駅前1-2-23

部屋タイプ:スタンダードダブル(朝食付)